【デュエルリンクス】舞Lv40を周回する

DL5.png

アマゾネスデッキを組まなくてもピンポイントで使ってみたいカードが出てきたので、舞を周回する事に。
乙女ロックを効率良く運用出来るのが、聖なる守護で能動的に相手をロックする事が可能な杏子なのは周知だと思いますが、かなり勝率が安定するようになったので本運用。

まず初手にRAIMEIか乙女がある事が重要。
デッキ20枚でこの2種が一枚も手札に入ってこないのは相当運が悪いので、その場合は捨て試合になりますかね。
このタイプで回して10戦ぐらいですが、両方手札に来なかった事は一応ないです。
後攻の場合でかつ乙女が来ない場合はRAIMEI+エネコンとか欲しい所です。
RAIMEIで乙女をサーチしてこないと行けない都合上1手遅れる為、ダイレクトアタックを防ぐ為ですね。


DL6.png

上記の通りに、3体全部ロックしてしまったら勝ち確定。
舞Lv40は下級ビートで上級が居ない為、リリースして場を開ける事も不可能な為、いかに早く乙女を場に出して自ターンで攻撃してロックしてしまうかですね。

気を付けなければ行けないのが、ペットタイガーと射手です。
ペットタイガーが場に居るとペットタイガー以外を攻撃してロックする事が出来なくなる。
射手は舞Lv40で唯一場のモンスターをリリースして来る為、ロック前に射手が場に出るとかなり面倒です。
対策カードとして一枚挿してるのが森のざわめきですね。
裏守備表示に変えてしまってから乙女で殴り、そのまま場に固定してしまう為です。
特に射手はこれが決まらないと面倒です。
ペットタイガーに関しては、ユニオンアタックのエサとして入れてある究極竜さえ出てしまえば4500の壁になる為、最悪そのまま最後までロックし続ける事も可能です。

究極竜は良くある召喚士ではなく、セルケト&神殿から呼び出す形を採用してます。
アドバンス召喚のポイントが入るのと、セルケトから場に出せばそのまま場に留まってくれる為、早期に呼び出して壁として使える利点があります。
二枚目の乙女を場に出せばリリース素材にも困らないですからね。

後はサクリファイスを場に出してペットタイガーや射手を取り込んで強引に退場させるパターン。
ロックが甘いと連撃でサクリファイスが落ちる為、状況は選びますが、有効なパターンではあると思って採用してます。
これも儀式ボーナスが入るオマケ付です。


DL7.png

デッキが無くなったらユニオンアタック2枚と隠し通路を従者に使ってからのダイレクトアタックで締めです。
図だと究極竜とサクリファイスでブーストしてますが、究極竜と乙女でも2枚のユニオンアタックで攻撃1万は超える為、9999ダメージボーナスは問題ないです。
むしろ、ヘタに最終ターンにサクリファイスの効果を使うと転生術の効果でサクリファイスの効果がスカされる恐れがある為、エネコンが二枚余ってなかったら乙女のままユニオンアタックを決める方が確実ですね。
エネコンが二枚あれば、相手フィールドの一枚をエネコンで攻撃表示に変えた後、もう一枚のエネコンでサクリファイスをリリースして攻撃表示モンスターをこちらの場に持ってきてからユニオンアタックするという流れも出来ます。


DL8.png

9999ダメージまでしっかり取れれば基本的に問題なく8000点越える感じですね。
今まで舞Lv40の周回は面倒でしたが、良い感じに噛み合うデッキが生まれてくれて良かったです。


尚、このデッキはイシズLv40にも一応使用する事は可能でした。
イシズの場合だと審神者を始めとした上級が居る為、エネコンやクリボールを審神者や審判が出てくるまでにどれだけ温存出来るかが鍵となる感じでした。
下級の攻撃を止めるのにこれらを使ってたら、審神者の効果で攻撃ゼロにされた後にライフを一気に削り取られて負けるパターンでした。
イシズに関しては巫女が取り終わってる為、2枚目の長が欲しいぐらいで無理して行くつもりはないんですが・・・





[ 2017/03/15 00:05 ] デュエルリンクス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://feier2526.blog.fc2.com/tb.php/537-be3d4ae3